スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

Resolution

汗ばんだシーツの上 
ありきたりの日がまた始まる
同じ太陽の下で 繰り返す習慣

抵抗しても 無意味なだけの
時間に縛られて
俯く視線の先だけが 揺るぎない現実

遠くに見えるものばかりが
なんでいつも 綺麗に見えるのか
近づく勇気のない僕は いつも同じ距離

挨拶の数増える度 存在感は保たれる
それでもタメイキ こぼす自分に
本当は気づいてるんだろう
望まないものばかりに 囲まれたら
希望なんて いらないだろう

Resolution 時計の針を止めれば
叫んでる自分の声が 聞こえる 
誰もが振り向く 僕になるより
君だけが振り向く 僕になりたい












息苦しいメトロの中
やりきれない日がまた終わる
同じ月の下で 繰り返す日常 

逃亡しても 無意味なだけの
時間に繋がれて
狭い視界の中だけが 終わらない世界

手の届かないものばかりが
なんでこんなに 眩しく見えるのか
踏み出す勇気のない僕は いつも夢ばかり

YESの答え増える度 価値観は守られる
それでもストレス たまる自分に
本当は気づいてるんだろう
同じ表情ばかりに 囲まれてたら
パーソナルなんて いらないだろう

Resolution 時計の針を戻せば
あの日の自分の声が 聞こえる
誰もが認める 僕になるより
君だけが認める 僕になりたい












変わらないもの 変えてゆくのは
たやすくないけど
あきらめるほど まだ疲れてないはずさ

立ち止まったり 振り返ったりもアリだけど
たまには前だけ 向いてみないか

描いた自分になるために
本当の自分になるために











Resolution 時計の針を止めれば
叫んでる自分の声が 聞こえる 
誰もが振り向く 僕になるより
君だけが振り向く 僕になりたい

Resolution 時計の針を戻せば
あの日の自分の声が 聞こえる
誰もが認める 僕になるより
君だけが認める 僕になりたい


Resolution 変わらない僕を
変えてゆくため









スポンサーサイト
2007/06/30 | 21:24
ANOTHER WORDSコメント:1トラックバック:1

Shadow of the justice

教えられた ルールだけじゃ
生きていけない この虚飾の世界では
逃げられない 裏切りのサバイバル
孤独と引き換えに 掴んだ栄光

欲望のためなら 夢も偽装して
交わした握手も 見せ掛けの約束
鍵をかけた心で 嘘の涙流して 
堕天使の笑顔で 高らかに嘲笑う

Tooth and nail
奪い尽くせばいいのさ
その心 満たされるまで
Shadow of the justice
お前には 見えるかい?
眩しく輝く 影に潜むものを

さぁ!その剣で挑んでこい











疑問だらけの モラルだけじゃ
明日は見えない この歪んだ時代では
終わらない 幻想のカーニバル
自由と引き換えに 掴んだ未来

名誉のためなら 愛も利用して
交わした口付けも 見せ掛けの約束
鎖で締め付けた心で 嘘の涙零して
堕天使の誘惑で 密かに嘲笑う

Tooth and nail
騙し尽くせばいいのさ
その心 満たされるまで
Shadow of the justice
お前には 見えるかい?
激しく煌く 影に潜むものを 

さぁ!その銃で挑んでこい











愚かな夢 儚い愛
苦しいのは まだお前が
そんな夢幻を 信じてるからさ

それでも貫く 誇りがあるなら
目の前の 現実を壊してみろ










Tooth and nail
奪い尽くせばいいのさ
その心 満たされるまで
Shadow of the justice
お前には 見えるかい?
眩しく輝く 影に潜むものを

Tooth and nail
騙し尽くせばいいのさ
その心 満たされるまで
Shadow of the justice
お前には 見えるかい?
激しく煌く 影に潜むもの

さぁ!その武器で挑んでこい

Justice only for you















2007/06/30 | 11:43
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

片想いの苦い果実

心と言葉は いつもうらはらで
あなたの「ごめんね」に 笑顔で答える
本当は楽しみに してたなんて事
気づかれたら 泣きそうだから
用意してた嘘で 繋ぎたい

近すぎず 遠すぎない距離が 
トキメク恋の 継続の秘訣
だけど見上げた 三日月が
素直な心に 涙を誘う

あなたへの恋心 最初からわかっていた
片想いの苦い果実 決して口にはできない
メールの「おやすみ」の文字 画面閉じずに眠るの
朝までの切ない夜に あなたの夢を見たいから











あなたの返事は いつも曖昧で
それでもあたしは 笑顔で答える
本当は今度こそ 期待してたなんて
気づかれたら 俯きそうだから
飾り付けたメイクで 隠したい

悩まず 迷わない気持が
トキメク恋の 持続の秘訣
だけど街行く 恋人達が
素直な心に 痛みを誘う

あなたへの恋心 最初から気づいていた
片想いの苦い果実 飾り物にもならない 
冷たい風が泣く夜 窓を閉めずに眠るの
見逃したくない流星に 叶わない夢願うから 










 
咲いた花は ひとりでも
季節を越える

わかっていても 募る想いは
熟していくけど

落ちるその実は 涙の苦い果実











近すぎず 遠すぎない距離が 
トキメク恋の 継続の秘訣
だけど見上げた 三日月が
素直な心に 涙を誘う

悩まず 迷わない気持が
トキメク恋の 持続の秘訣
だけど街行く 恋人達が
素直な心に 痛みを誘う


あなたへの恋心 最初からあきらめてた
片想いの苦い果実 誰も傍に置かない
季節の終わりに降る雨 傘もささずに歩くの
空っぽの渇いた心に 今だけ潤い欲しいから

Please don't pass me by

first love












2007/06/28 | 20:39
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

セピアローズの残像

星に願い込めて 掲げたロザリオ
蒼い月明かりの中 誓いを呟く

静寂を失った 自由の夜に
叫び声はすべて かき消される
すり返られた正義と 閉ざされた希望
かけがえのないすべてを 壊してゆく

THE BATTLE OF EVERMORE
何のために人は 戦い続ける
理想のため 名誉のため 欲望のため

THE ONLY TRUTH
命かけて 守り抜くのは 君だけ
闇の中 倒れないのは 愛のため
セピアの追憶の中 枯れない薔薇の 
残像を信じて












マリアに祈り捧げて 預けたリング
白夜の風の中 約束呟く

未来が見えない 無限の時間に
運命はすべて 縛られてゆく
失ったペルソナと 奪われたバイブル
かけがえのないすべてを 消してゆく

THE BATTLE OF EVERMORE
何処に向かい人は 戦い続ける
ユートピア シャングリア 禁断の場所

THE ONLY TRUTH
命かけて 抱きしめるのは 君だけ
炎の中 燃え尽きないのは 愛のため
セピアの追憶の中 散らない薔薇の 
残像を信じて












例えこの世界が 終わっても
この胸の薔薇が 色褪せても

記憶のオベリスクは 崩れない
君との愛は 輝き失わない












星に願い込めて 掲げたロザリオ
蒼い月明かりの中 誓いを呟く

マリアに祈り捧げて 預けたリング
白夜の風の中 約束呟く




THE ONLY TRUTH
命かけて 守り抜くのは 君だけ
闇の中 倒れないのは 愛のため

THE ONLY TRUTH
命かけて 抱きしめるのは 君だけ
炎の中 燃え尽きないのは 愛のため




何のためでもなく 何処に向かうでもなく
君だけのために 愛だけのために
与えられたこの場所で 命を燃やし尽くしたい




セピアの追憶の中 届かない薔薇の 
残像が揺れてる・・・

So Far away・・・













2007/06/27 | 22:39
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

哀しみは海底の砂のように

波に打たれる 貝殻を
そっと 耳にあてれば 
あの頃の 二人だけの
夏が鮮やかに蘇る

南からの風に 吹かれて
燃える夕陽に 
無言で誓い合った
約束が 眩しい

重なる指先が 静かに離れてゆく
夜明けに星が 消えてくように

深い哀しみは 海底の砂のように
暗闇の中 何処にも動けない
沈んだ愛は 太陽も届かない世界
涙の海で 眠り続けてる
Love of the sand










灼けた肌のまま 寄り添い
そっと 口づけ交わせば
この夜に 二人だけの
熱く激しい雨が降る

静かな波に 誘われて
輝く星座に
永遠を誓い合った
余韻が 愛しい

溶けてく時間が 瞬きで消えてゆく 
荒れた波が 呑み込むように

深い哀しみは 海底の砂のように
静寂の中 何も聞こえない
沈んだ愛は 月明かりも届かない世界
涙の海で 彷徨い続けてる
Love of the sand










冷たい風が 夏の終わり告げても
心の季節は 変わらない

傷ついた愛の 記憶のままでも
白い砂になって 沈んでいたい 









深い哀しみは 海底の砂のように
暗闇の中 何処にも動けない
沈んだ愛は 太陽も届かない世界
涙の海で 眠り続けてる
Love of the sand

深い哀しみは 海底の砂のように
静寂の中 何も聞こえない
沈んだ愛は 月明かりも届かない世界
涙の海で 彷徨い続けてる
Love of the sand

Bottom of the sea









2007/06/26 | 23:00
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

真夏の通り雨-Love is gone, summer rain-

サヨナラも言わず 逢えなくなる
突然なのは 出逢いだけじゃない
昨日までの笑顔も 言葉も
届かない あの雲のよう
流れゆくのを 見つめるだけ

追えない風を 捕まえて 
移りゆく季節を 止めたいけど
涙で前が 見えなくなる
離れた心は 戻せないから

真夏の通り雨は 眩しい恋の涙
すべての出来事 輝かせる
惑わされた幻想でも 心揺れ動く 
太陽の記憶に 包まれながら










約束も忘れて 逢えなくなる
見えないのは 未来だけじゃない
今朝までの囁きも ぬくもりも
届かない あの虹のよう
消えてゆくのを 見つめるだけ

戻せない時に 逆らって
過ぎ行く時間を 止めたいけど
胸が痛みで 切なくなる
途切れた糸は 繋げないから

真夏の通り雨は 儚い恋の涙
すべての出来事 連れ去る
一時だけの夢でも 鼓動激しくなる
太陽の記憶に 照らされながら











あの夏に 置き去りの恋心
振り返る季節が 涙で霞むなら

いっそ太陽に焼かれて 
あなたの胸で 眠りたかった










真夏の通り雨は 眩しい恋の涙
すべての出来事 輝かせる
惑わされた幻想でも 心揺れ動く 
太陽の記憶に 包まれながら

真夏の通り雨は 儚い恋の涙
すべての出来事 連れ去る
一時だけの夢でも 鼓動激しくなる
太陽の記憶に 照らされながら

Love is gone, summer rain






2007/06/25 | 22:59
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

One For All

街はいつも 雨雲の
モノクロームシティ
作り笑いの コミニケーション
何処だっていいのさ

壊れかけた夢なんて 粉々に砕いて
夜の闇に捨ててしまえよ
自由が欲しいなら

がむしゃらに 走り続けても
明日は絶対 追い越せないから
「きっといつか」なんて気安く言うなよ
未来は俺もお前も 見えはしないのさ

ボリユーム上げて 感じるままに
リズムを刻めば 眠ってたハートが叫ぶ

Stnad up&Shout,Change Your Mind
縛られるものは もう何もない
Set me free,Free me away
限界突破のヴァイブレーション

ここから始まる 最初の一歩さ
One For All











世界はいつも 閉ざされた
モノローグワールド
飾りつけた コミニケーション
誰だっていいのさ

失くしかけた愛なんて 記憶ごと消して
時の河に流してしまえよ
自分でいたいなら

やみくもに すがり続けても
昨日は絶対 戻ってこないから
「大丈夫さ」なんて気軽に言うなよ
過去は俺もお前も やり直せないのさ

テンション上げて 感じるままに
鼓動を刻めば 眠ってたハートが叫ぶ

Stnad up&Shout,Change Your Mind
繋がれるものは もう何もない
Set me free,Free me away
限界解除のリボリューション

ここから始まる 最初の一歩さ
One For All










リアルな世界で 生きていくには
捨てなきゃ いけないものも
たくさんあるから

何を残し 何を壊し 
何を抱きしめてゆくのか
あの月が沈む前に 答えを出すのさ










Stnad up&Shout,Change Your Mind
縛られるものは もう何もない
Set me free,Free me away
限界突破のヴァイブレーション

Stnad up&Shout,Change Your Mind
繋がれるものは もう何もない
Set me free,Free me away
限界解除のリボリューション

ここから始まる 最初の一歩さ

ここから始まる 全ての一歩さ

One For All













2007/06/24 | 22:43
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

The Turning

壊れた時計の針が 示す時間は
微笑み忘れた あの月の夜
越えられない壁に 繋がれた夢
挫折と苦悩に 瞼を閉じた

何を信じて 何を求めればいいのか
繰り返す時間は 何も教えてくれない
鏡の中見つめ合う 瞳が叫んでる
この場所からは 逃れられないと

どんなに嘆いても 消えないものがある
誰にも負けない 君だけのMy faith

The Turning
叶わない願いも 届かない祈りも
すべて受け止めて 新しい君へと
It's A Turn of Oneself












傷ついた羽根の鳥が 目指す場所は
涙も枯れた あの蒼い空
抜けれない迷路に 彷徨った愛
孤独と悲哀に 瞼を閉じた

何を感じて 何を伝えればいいのか
移りゆく季節は 何も教えてくれない
戸惑いの中揺れ動く 心が叫んでる
この時間からは 逃れられないと

どんなに辛くても 失くせないものがある
誰にも譲れない 君だけのMy pride

The Turning
色褪せた想い出も 涙で越えた夜も
すべて抱きしめて 新しい君へと
It's A Turn of Oneself











星座が煌くのも 花が美しいのも
君が目を閉じないで 見つめているから

未来が輝くのも 時間が終わらないのも
君があきらめないで 信じているから

微笑み忘れ 涙も枯れた今こそ
新しい君へと 変わる時










どんなに嘆いても 消えないものがある
誰にも負けない 君だけのMy faith

どんなに辛くても 失くせないものがある
誰にも譲れない 君だけのMy pride


どんなに弱くても 守りたいものがある
誰にも渡せない 君だけのMy truth

The Turning
埃まみれの夢も 傷だらけの愛も
もう一度信じて 君だけの未来へと
It's A Turn of Oneself







2007/06/23 | 23:39
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Believe Oneself

星空を見つめ あなたの名前呟く
戻れない日々の 煌きだけが
揺れる心 支えてきたけど
毀れる涙に 明日が見えなくなる

時を戻して あの頃に帰れたら
この愛を 手離していたかもしれない
辛く哀しい 今を失くしたいから

Even if the love changes,
you do not change
だからもう一度 素直な心で
見つめてみよう

Believe Oneself
誰でもなく 君自身が信じる 
君だけを信じて











小波を見つめ あの日の言葉呟く
出逢った頃の 輝きだけが
戸惑う心 繋げてきたけど
溢れる涙に 未来が見えなくなる

時を止めて あなたに逢えたら
この愛は 永遠になるかもしれない
切なく儚い 今を幻にしたいから

Even if the dream changes,
you do not change
だからもう一度 飾らない心で
探してみよう

Believe Oneself
誰でもなく 君自身が信じる 
君だけを信じて










二つの心が この夜に迷ってる
蒼い月に 照らされながら

失くしそうな愛に 夢を重ねて
未来を信じてきた 君の心に
君だけの答えがある









Even if the love changes,
you do not change
だからもう一度 素直な心で
見つめてみよう

Even if the dream changes,
you do not change
だからもう一度 飾らない心で
探してみよう

Believe Oneself
誰でもなく 君自身が信じる 
君だけを信じて


Believe Oneself その心で









2007/06/22 | 23:23
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

約束の丘

どれほどの 痛み刻むのか 
愛の意味を知るため
幾千もの星が 流れても
祈りは 消えてゆく

追憶は 孤独を誘い
枯れてく花を知る
哀しみに 漂う事も
生きてゆく事なのか

背負う十字架の 重さに 
倒れそうになっても
譲れない 愛のために 
あの丘を目指せ

流れ続ける この血は 
自由へのレジスタンス
終わらない 嵐の中でも 
前を向いて歩いてゆけ

月明かりの 輝きの中で 
君だけを 待っている
約束の丘で











どれほどの 嘆きに沈むのか
夢の在りか知るため
深淵の夜を 越えても
願いは 届かない

回想は 挫折を誘い
散りゆく花を知る
未来に 迷う事も
生きてゆく事なのか

響くレクイエムの 儚さに 
振り向きそうになっても
捨てられない 夢のために
あの丘を目指せ

流れる続ける この涙は 
希望へのリボリューション
無限の 闇の中でも 
前を向いて歩いてゆけ

星座の 煌きの中で 
君だけを 待っている
約束の丘で










叶わない愛でも 届かない夢でも
いつかまた君は 追いたくなるのさ

季節は巡り 枯れた花がまた色づくように
散りゆく花が また咲くように

あの日の約束は 君を動かす
かけがえのない 唯一の鼓動だから










流れ続ける この血は 
自由へのレジスタンス
終わらない 嵐の中でも 
前を向いて歩いてゆけ

流れる続ける この涙は 
希望へのリボリューション
無限の 闇の中でも 
前を向いて歩いてゆけ

永遠の 光の中で
君だけを 待っている
あの日の君が 君と交わした
約束の丘で







2007/06/21 | 22:28
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Ultimate Love

この世に生まれた理由は
君を守りぬく事
惜しみなく 捧げる愛は
刹那を永遠に 変えるため

見えない運命 信じて
あの星の煌きと 君の涙が
重なる夜を 越えてゆく

静寂の波 月明かりの中
終わりなき 時間の果てに
愛の奇跡を 見つけたい

Ultimate Love
君から始まり 君へと還ってゆく
決して崩れない法則
かけがえのない時間を 未来へ繋ぐため











この世に生まれた意味は
君を迎えに行く事
惜しみなく 求める夢は
零(ゼロ)を無限に 変えるため

忘れない約束 刻んで
あの虹の輝きと 君の笑顔が
重なる朝を 目指してく

変わらない風 太陽の下
終わりなき 時間の果てに
夢の真実を 見つけたい

Ultimate Love
僕から始まり 僕へと還ってゆく
決して揺るがない法則
かけがえのない世界を 明日へ繋ぐため










いくつもの奇跡の物語 伝説になるのは
哀しみと切なさ 乗り越えた
変わらない愛があるから 
変わらない夢があるから 










静寂の波 月明かりの中
終わりなき 時間の果てに
愛の奇跡を 見つけたい

変わらない風 太陽の下
終わりなき 時間の果てに
夢の真実を 見つけたい

Ultimate Love
愛から始まり 愛へと還ってゆく
決して消えない法則
かけがえのない全てで 二人を繋ぐため








2007/06/20 | 20:33
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

MESSAGE OF LOVE

冷たく優しい風が 君に囁いてる
愛は変わらずいつも その胸にあるものだと
想い続ける事 信じ合う事
どんなに明日が遠くても

孤独な夜でも 月明かり信じて
君は越えてきた
心離れそうでも 想い出にはしたくない 
愛があるから

MESSAGE OF LOVE
僕はこの愛を 守り抜くため
君を置いては 死ねない

涙の数だけ 抱きしめるため
永遠を果たすため










凍える激しい雨が 君に叫んでる
愛は揺るがずいつも その心にあるものだと
夢重ねる事 見つめ合う事
どんなに未来が遠くても

孤独な朝でも 夜明けを信じて
君は耐えてきた
心迷いそうでも 幻影(まぼろし)にはしたくない
愛があるから

MESSAGE OF LOVE
僕はこの愛を 守り抜くため
君を置いては 死ねない

涙の数だけ 笑顔にするため
誓いを果たすため









夜空の星より煌いた その涙が教えてくれた
どんな時でも 目を逸らしてはいけない
かけがえのない 二人だけの愛を









孤独な夜でも 月明かり信じて
君は越えてきた
心離れそうでも 想い出にはしたくない 
愛があるから

孤独な朝でも 夜明けを信じて
君は耐えてきた
心迷いそうでも 幻影(まぼろし)にはしたくない
愛があるから

MESSAGE OF LOVE
僕はこの愛を 守り抜くため
君を置いては 死ねない

涙の数だけ 幸せにするため
約束を果たすため






2007/06/19 | 22:52
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Naked Love

季節が花の色を 変えるように
二人の心も 変わって行く
あの頃のまま 時を渡ってこれたら
この夜さえ 煌いて見えたのに

今日が明日に繋がるなら
この迷いはいつ消えるの
台詞忘れた アクトレスのよう
言葉はいつも 決められた台本(スクリプト)

愛はいつでも 耐えながら繋がる
雨に濡れてる 切ない紫陽花
移りゆく心 様々な色で
哀しみ 隠してる

Naked Love 明日を信じて
ありのままの心 動かして
I've Been Waiting For The Future
その想い 疑わないで
愛は君の時間の中にあるから











時間が思い出を 閉じ込めるように
二人の愛も 閉じ込められてく
あの頃のまま 時を流れてこれたら
この夜さえ 優しく思えたのに

過去が未来に繋がるなら
この涙はいつ渇くの
素顔隠した 道化師のよう
笑顔はいつも 飾られた仮面

愛はいつでも 揺れながら繋がる
風に吹かれる 切ないキャンドル
冷めてく心 小さな炎で
ぬくもり 守ってる

Naked Love 未来を信じて
ありのままの心 開いて
I've Been Waiting For The Future
その想い 手離さないで
愛は君の時間の中にあるから










同じ星を見つめても 届かない想いもある
だけど信じていたい 消えない胸の痛みを

ありのままの君の その素顔の愛で
戻らぬ時間を今 未来に繋げてゆくのさ









愛はいつでも 耐えながら繋がる
雨に濡れてる 切ない紫陽花
移りゆく心 様々な色で
哀しみ 隠してる

愛はいつでも 揺れながら繋がる
風に吹かれる 切ないキャンドル
冷めてく心 小さな炎で
ぬくもり 守ってる

Naked Love 自分を信じて
ありのままの心 抱きしめて
I've Been Waiting For The Future
その想い 失くさないで
愛は君の時間の中にあるから





2007/06/19 | 00:57
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

星屑の漂流者たち

星屑の 漂流者たち
何処に向かうのか
それぞれの 未来掴むため
終わらない 時間の中で
輝きながら 彷徨いながら




あいつが投げかけた 言葉をこの胸に
走る事を決めたんだ
どんな時でも 自分をあきらめない
誇りを教えてくれた

やりきれない日々 繰り返し
明日も見えない時間と
昨日に縛られえる後悔の中
変わらない光を教えてくれた

You are not alone
いつだって君は 独りじゃないのさ
立ち止まって 走れなくても 
君を見守る人は 必ず背中を押してくれる

だから掲げた夢と 信じたその愛で
君だけの理想を 探し続けるんだ

Keep on lovin' Keep on dreamin'
星屑の海を 泳ぎながら
You can change the world
君のイマジネーションが
明日の世界を 変えてゆくから
I'm sailing










あいつが歌ってくれた あの歌を心に
走る事を決めたんだ
どんな時でも 自分を見失わない
勇気を教えてくれた

ありきたりの日々 繰り返し
未来も見えない時間と
過去に戻れない現実の中
変わらない風を教えてくれた

You are not alone
いつだって君は 独りじゃないのさ
振り向いても 倒れても
君を見守る人は 必ず手を差し伸べる

だから追いたい夢と 守り抜くその愛で
君だけの理論 探し続けるんだ

Keep on lovin' Keep on dreamin'
星屑の海を 漂いながら
You can change the world
君のヴァイブレーションが
明日の世界を 変えてゆくから
I'm sailing









いつだって人は 煌く星屑の中
掴めない夢と 手離した愛を
あきらめきれず 星の海を
彷徨い続ける 漂流者のよう

だけど決して 沈まない
どんなに波が 高くても
あの日の自分を 信じていたいから









だから掲げた夢と 信じたその愛で
君だけの理想を 探し続けるんだ

だから追いたい夢と 守り抜くその愛で
君だけの理論 探し続けるんだ



You can change the world
君のリボリューションが
明日の世界を 変えてゆくから
I'm sailing



星屑の 漂流者たち
何処に向かうのか
それぞれの 未来掴むため
終わらない 時間の中で
輝きながら 彷徨いながら





2007/06/17 | 22:36
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Love is everything

僕の夢と君の夢を 繋いだら
あの煌く星まで 届くかな

逢えない時間は 想いを強くするけど
その温もりで 確かめたい時もあるから

言葉の向こう側に 想いを重ねて
ずっと耐えてきたんだね
君のその涙で 僕は気づいたんだ
何よりも 大切な事を

だからもう 泣かないで
ずっと二人で 同じ星を見ていこう

Love is everything
どんな時でも 変わらない愛こそが
この夜を越えてゆける
君が眠るのは いつだって
僕のこの胸さ









僕の愛と君の愛を 重ねたら
あの地平線の先も 見えるかな

逢えない距離は 想いを深くするけど
その眼差しで 安らぎたい時もあるから

心の向こう側に 想いを閉じ込めて
ずっと耐えてきたんだね
君のその涙で 僕は気づいたんだ
誰よりも 大切な人を

だからもう 泣かないで
ずっと二人で 同じ詩(うた)聴いていこう

Love is everything
どんな時でも 揺るがない愛こそが
この夜を越えてゆける
君が目覚めるのは いつだって
僕のこの胸さ









深い夜の 闇の中で 
灯りが見えずに 彷徨っても
二人なら歩いてゆける
あの夜明けを信じて この愛を信じて








だからもう 泣かないで
ずっと二人で 同じ星を見ていこう

だからもう 泣かないで
ずっと二人で 同じ詩(うた)聴いていこう

Love is everything
どんな時でも 二人だけの愛こそが
この夜を越えてゆける

Love is everything
どんな時でも 二人だけの愛こそが
明日への希望に 繋がってゆく

君が眠るのは いつだって
僕のこの胸さ






2007/06/16 | 21:39
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

哀しみの小夜曲(セレナーデ)

わかっていても 越えられない夜がある
孤独の影に 怯えて
心は出口のない 迷路を彷徨う

届かない愛は 宙に舞い続けたまま
群れから外れた 鳥のよう
遠い海の彼方 見つめてるだけ

信じてる想いでも 逢えない時間が
不安な雲を広げて あの月を隠しゆく

街に流れる 恋人達の小夜曲(セレナーデ)
あなたの瞳が 恋しい
見つめ合う事で 眠れた夜が切なくて

I want it now
望みはひとつだけ 言葉はいらないから
今すぐに あなたに逢いたい
震える心 強く抱きしめて










わかっていても 迎えられない朝がある
悲哀の炎に 揺らめいて
心は過ぎ去った 記憶に立ち止まる

叶わない夢は 輝き消えかけたまま
寂しく流れてく 星のよう
遠い闇の彼方 堕ちてゆくだけ

変わらない想いでも 逢えない時間が
冷たい風を運んで あの暁を凍らせる

街に流れる 恋人達の小夜曲(セレナーデ)
あなたの温もりが 恋しい
触れ合う事で 眠れた夜が儚くて

I want it now
願いはひとつだけ 理由はいらないから
今すぐに あなたに逢いたい
壊れそうな心 強く抱きしめて










繰り返すメロディーは 優しく二人を
永遠の愛に 近づけていったけど

強い想いでいれたのは あなたが傍にいたから 
二人の心を繋げたのは あなたが隣にいたから










街に流れる 恋人達の小夜曲(セレナーデ)
あなたの瞳が 恋しい
見つめ合う事で 眠れた夜が切なくて 

街に流れる 恋人達の小夜曲(セレナーデ)
あなたの温もりが 恋しい
触れ合う事で 眠れた夜が儚くて

I want it now
祈りはひとつだけ 何もいらないから
今すぐに あなたに逢いたい
失くしそう心 強く抱きしめて


今すぐに 抱きしめて







2007/06/16 | 06:05
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

大河の一滴 一陣の風

栄光の旗の下 震えた鼓動
その手に掴めると 信じた未来
黒い雨に流された 夢に嘆く
暗闇の咆哮は 決して倒れない証

遥かな時の中 気づいた記憶
何のためでなく 生きてゆく事
無限を繋ぐ 瞳の希望
信念の唱は 静寂の中でも木霊する

Across The Universe
君一人が 挫折の夜に
孤独に泣いてる わけじゃない

時代の大河の中で 一滴の君でも
時代の風の中で 一陣の君になれ
その誇りは 君だけのGlorias










幾千の星の下 流れた涙
その目逸らさないと 信じた未来
蒼い波に流された 愛に嘆く
暁の誓約は 決して揺るがない証

遥かな時の中 刻んだ記憶
誰のためでなく 生きてゆく事
永遠を信じる 魂の律動
情熱の炎は 灰になっても燃え尽きない

Across The Universe
君一人が 憂鬱な朝に
溜息ついてる わけじゃない

歴史の大河の中で 一滴の君でも
歴史の風の中で 一陣の君になれ
その誇りは 君だけのGlorias









哀しみや苦しみは 消える事はない
崩壊で堕ちてゆく 絶望の果てへ

そこに煌く 閃光(ひかり)がある
その眩しさ感じて 君は気づくだろう

この世界に この時代に
生まれてきた その理由(わけ)を









時代の大河の中で 一滴の君でも
時代の風の中で 一陣の君になれ

歴史の大河の中で 一滴の君でも
歴史の風の中で 一陣の君になれ

その誇りは 君だけのGlorias


君よ戦え 君だけの武器で
君よ戦え 君だけの理論で
君よ戦え もう一人の君と
君が変わらないため 君が変わるため
Revolution!





2007/06/14 | 07:05
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

時の最果てに向かって

「戻れない過去なら消したい」
君が呟いた 星の見えない夜
毀れ落ちそうな涙で 霞んでる月を
すがるような瞳で 見つめていた

届かない愛は 冬の星座のよう
輝いていも 遥か彼方の煌き
それでも祈り続けるのは
信じる希望 失いたくないから

答えはいつでも 君自身が選ぶもの
間違いなんてないから
手を伸ばす勇気が 必要なのさ

何度でも始められる その心次第で
時間は君を 未来に運んでゆく
過去の後悔に 縛られないように

あの日の自分を 失くさずに
まだ見ぬ自分を 確かめよう
君だけの愛の意味を 知るために
歩き続けよう 時の最果てに向かって













「見えない未来ならいらない」
君が叫んだ 鳥が歌わない朝
世界を消しそうな光で 眩しい太陽を
瞬き忘れた瞳で 見つめていた

掴めない夢は 蜃気楼のよう
追いかけても 近づけない
それでも歩き続けるのは
振り返る足跡 消したくないから 

答えはいつでも 君自信が探すもの
辿り着く地図などないから
立ち止まらない勇気が必要なのさ

何度でもやり直せる その心次第で
時間は君を 未来に運んでゆく
過去の涙に 縛られないように

あの日の自分を 受け入れて
まだ見ぬ自分を 追いかけよう
君だけの夢の価値を 決めるために
歩き続けよう 時の最果てに向かって











ありきたりの日々でも 何気ない時間でも
夜明けが君の 新しい時間を連れて来る

過去を抱きしめ 未来を見つめて
ありのままに 感じるままに
君の歩幅で 時の中を歩いてゆこう











何度でも始められる その心次第で
時間は君を 未来に運んでゆく
過去の後悔に 縛られないように

何度でもやり直せる その心次第で
時間は君を 未来に運んでゆく
過去の涙に 縛られないように
 
あの日の自分を 手離さず
まだ見ぬ自分を 信じよう
君が生きてく理由(わけ)を 探すために
歩き続けよう 時の最果てに向かって




2007/06/13 | 06:29
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

二人のMaris Stella

幾千億の星の海が
君の瞳に 煌く 
永遠に 消えない光は
様々な愛の形 二人の愛の証




離れていても 見上げる夜空の下
想いは繋がると思えた あの夏の夜
君が見ている星を 僕は探せなかった

輝く星の数だけ 君を愛していると
あの海で 誓った約束も 
いつしか繰り返す波が
浚っていってしまったけど

Starting Over
運命は手離した愛も 引き寄せる
試練を越えて絆を 強く繋げるため
今、僕の瞳に映るのは
あの日の君 あの日のMaris Stella










傍にいるだけで 他には何もいらないと
君がすべてと思えた あの春の午後
君に吹いてた風に 僕は乗れなかった

輝く星の数だけ 君と夢みていけると
あの都会で 誓った約束も
いつしか繰り返す日々が
流していってしまったけど

Starting Over
運命は消えそうな愛も 灯りを燈す
時間を越えた約束を 今こそ果たすため
今、僕の瞳に映るのは
あの日の君 あの日のMaris Stella










どんなに離れても 繋がる運命がある
毀れた涙は 夜空駆け上り
煌く海になってゆく 愛が消えないために 

奇跡の出逢いは 二人のGenesis
暗い宇宙で ふたつの光は溶け合い
新しい星が生まれる










Starting Over
運命は手離した愛も 引き寄せる
試練を越えて絆を 強く繋げるため

Starting Over
運命は消えそうな愛も 灯りを燈す
時間を越えて約束を 今こそ果たすため

今、僕の瞳に映るのは
目の前の君 二人のMaris Stella




幾千億の星の海が
君の瞳に 煌く 
永遠に 消えない光は
様々な愛の形 二人の愛の証

眩しい光の中 新しい愛が生まれた
僕はもう君を 離さない








2007/06/12 | 08:59
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Precious Odyssey

この世界は なんのためにあるの
答えは教科書にも 書いてない
それでも 解ってる僕には
生まれきた その理由(わけ)を

叶わない夢 崩れてく度に
眠れない夜は 続いてく
見えない未来が 僕を臆病にする
流れる時間の 向こう側で

Sometime
振り返る事も 必要なんだ
Anytime
渇いた心を 涙で潤すために

Precious Reality
いろんな物 失くしても
手離しちゃ いけないものがあるから
Precious Odyssey
君と一緒に 歩いてゆこう
新しい扉を 開けて









この世界は どこにむかっているの
答えは聖書(バイブル)にも 書いてない
それでも 解ってる僕には
生きてゆく その理由(わけ)を

実らない愛 消えてく度に
越えれない夜は 続いてく
戻れない過去が 僕を孤独にする
終わらない時間の 向こう側で

Sometime
立ち止まる事も 必要なんだ
Anytime
自分の居場所を 確かめるために

Precious Reality
いろんな物 壊れても
守らなきゃ いけないものがあるから
Precious Odyssey
君と一緒に 歩いてゆこう
新しい扉を 開けて









遥か時の彼方から 変わらないものがある
歴史が繋いできた Precious

時代が嘆いても それもOdyssey
まっすぐ現在(いま)を 見つめてゆこう

僕らが目を閉じれば この世界は
消えてしまうから








Precious Reality
いろんな物 失くしても
手離しちゃ いけないものがあるから
Precious Odyssey
君と一緒に 歩いてゆこう
新しい扉を 開けて

Precious Reality
いろんな物 壊れても
守らなきゃいけないものがあるから
Precious Odyssey
君と一緒に 歩いてゆこう
新しい扉を 開けて

この世界を 明日に繋げるために







2007/06/11 | 08:20
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

ALL MY LOVE

嵐の夜に 眠れなくても
月明かりが 雲に隠れても
いつも僕は 君の傍で
寄り添っているよ 

その睫毛 濡らす涙は 
僕がすべて 受け止めるから
明日を信じて 眠りの中で
同じ未来を見つめよう

ありきたりの日々でも 君と二人なら
永遠に続く 物語になる
愛はいつでも 結ばれる絆
優しく包んでいくから

ALL MY LOVE 君に捧げよう
遠い過去の 約束果たすため
ALL YOU NEED IS LOVE
それが僕の誇りさ

この世界の中 この時代に生まれ
君と出逢えた奇跡










冷たい雨で 心凍えても
暗闇に光が 見えなくても
いつも僕は 君の傍で
その手を離さないよ

その心の 深い痛みは
僕がすべて 癒してゆくから
昨日を忘れて 目覚めた時に
夜明けの光を見つめよう

何気ない言葉でも 君と二人なら
語り継がれる 伝説になる
愛はいつでも 結ばれる運命を
強く繋いでいくから

ALL MY LOVE 君に捧げよう
遠い過去の 誓い守るため
ALL YOU NEED IS LOVE
それが僕の誇りさ

この宇宙(そら)の中 この星に生まれ
君と出逢えた奇跡




 





君の記憶に 僕が刻まれる時
新しい愛が 生まれる

過去と未来が 交差する
この約束の場所で









ありきたりの日々でも 君と二人なら
永遠に続く 物語になる
愛はいつでも 結ばれる絆
優しく包んでいくから

何気ない言葉でも 君と二人なら
語り継がれる 伝説になる
愛はいつでも 結ばれる運命を
強く繋いでいくから

ALL MY LOVE 君に捧げよう
遠い過去の 約束果たすため
ALL YOU NEED IS LOVE
それが僕の誇りさ

ALL MY LOVE 君に捧げよう
遠い過去の 誓い守るため
ALL YOU NEED IS LOVE
それが僕の誇りさ

この時間(とき)の中 この愛が生まれ
君と出逢えた奇跡








2007/06/10 | 05:22
ANOTHER WORDSコメント:1トラックバック:0

Velvet Infinity

硝子の蝶が舞う 煌く霧の森
僕はこの場所で 目を覚ました 
星座の位置が変わらない あの丘の上から
天使の歌が 聴こえる

すべてはヴェルベットの記憶
手離した愛も 妖精のダンスで蘇る

涙は空の泉に還り 溜息は緑の風に変わる
無限の幻想 誘惑のファンタジア

影のない世界は 白い太陽の夜
針のない時計で 繰り返すDay by day 

まどろむ時間は ビロードの感触で
君の孤独を 癒し続ける
Velvet Infinity… Last forever










青い薔薇が微笑む 瑠璃色の湖畔
僕はこの場所で 眠り続けた
彗星の位置が変わらない あの丘の上から
自由の鐘が 聴こえる

すべてはヴェルベットの記憶
砕けた夢も 精霊の祈りで蘇る

涙は宙(そら)の海に還り 嘆きは虹色の雨に変わる
無限の幻影 追憶のノスタルジア

終わらない世界は 薄紫の月の朝
割れた砂時計で 繰り返すDay by day

やすらぎの時間は ビロードの感触で
君の苦悩を 癒し続ける
Velvet Infinity… Last forever 









すべてはヴェルベットの記憶
この世界から 僕の声は届かない
この時間から 僕の未来は見えない

後悔も痛みもない 至上の理想郷(ユートピア) 
 








影のない世界は 白い太陽の夜
針のない時計で 繰り返すDay by day 

まどろむ時間は ビロードの感触で
君の孤独を 癒し続ける

終わらない世界は 薄紫の月の朝
割れた砂時計で 繰り返すDay by day

やすらぎの時間は ビロードの感触で
君の苦悩を 癒し続ける

すべては刹那の ヴェルベットの記憶

すべては永遠の ヴェルベットの記憶

Velvet Infinity… Last forever








2007/06/09 | 02:49
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

聖者の憂鬱

何かが変わると 信じてた夜
未来は僕らのために あると思えた
夢を両手に 風に逆らう事もできた
欲望を純粋な ハートに変えて

ありきたりの日々に 流されてた頃
振り返る度に 見えてた鏡の中で
現実を嘆く 悲劇のニュースが
僕らの周りを 包んでいたEvery day

Please tell me
この歴史は間違っているの?
教えて欲しい 黄金伝説の聖者よ

聖者の憂鬱が 雨雲を広げるなら
僕らは 激しい雨に流されて
聖者の溜息が 太陽を隠すなら
見えない虹を 待つしかないのかい

まだ間に合うさ 壊れるその前に
君にしか見えない 事実があるから
まだ間に合うさ 流れるその前に
君にしか言えない 言葉があるから

Are you ready? 心を開いて
憂鬱な世界を 君と僕の理想で
Change the world











何かが掴めると 信じてた朝
現在(いま)は僕らのために あると思えた
愛を鼓動に 空を翔る事もできた
希望をガラスの ロマンに変えて

ありがちな日々に 流されてた頃
立ち止まる度に 見えてた鏡の中で
現実を隠す 喜劇のニュースが
僕らの周りを 囲んでいたEvery time

Please tell me
この時代は間違っているの?
教えて欲しい 黄金伝説の聖者よ

聖者の憂鬱が 暗闇を広げるなら
僕らは 見えない出口探して
聖者の溜息が 星空を隠すなら
見えない夜明けを 待つしかないのかい

まだ間に合うさ 崩れてくその前に
君にしか聴こえない 歌があるから
まだ間に合うさ 消えてくその前に
君にしか行けない 場所があるから

Are you ready? 心を動かして
憂鬱な世界を 君と僕の理念で
Change the world










The battle of evermore
銃声がいくつもの 国境を変えてく

Victim of changes
誇りでも 名誉でもない

Night comes down
聖者が夜に 逃げ込んでゆく










まだ間に合うさ 閉ざされるその前に
君にしか掴めない 夢があるから
まだ間に合うさ 終わりゆくその前に
君にしか抱(いだ)けない 愛があるから

Are you ready? 心を開いて
憂鬱な世界を 君と僕の理想で
Change the world

Are you ready? 心を動かして
憂鬱な世界を 君と僕の理念で
Change the world

Are you ready? 心を繋いで
憂鬱な世界を 君と僕の理論で
Change the world









2007/06/08 | 01:47
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

太陽の戦慄 漕ぎ出す船

伝説の始まりは 楽園からの追放
運命に逆らい 愛が生まれた

いくつもの罪背負い 彷徨う船は
激しい波を乗り越え 約束の岸を目指す

変わる事恐れて 時は進めない
あの日堕ちた 心を櫂に変えて
白い砂の海 漕いで行くのさ

太陽の戦慄の中 愛は消えてゆく
いくつもの記憶は 灰になるけど
あきらめない希望が 君の羅針盤
燃える炎に見える 時間を手離すな!

ALL THE WAY
その瞳に映るものを 信じて
ALL THE THINGS
君だけの世界が 時間を変えてゆく
WITH YOUR LOVE 新しい夜明けのため











物語の始まりは 瓦礫からの旅立ち
宿命に縛られ 夢は生まれた

いくつもの罰を受け 彷徨う船は
新しい波に流され 約束の岸を目指す

失くす事恐れて 時は繋げない
あの日流した 涙を櫂に変えて
暗い星の海 漕いで行くのさ

太陽の戦慄の中 夢は壊れてゆく
いくつもの欠片は 灰になるけど
あきらめない勇気が 君の十字星
燃える炎に見える 時間を見失うな!

ALL THE WAY
その指に触れたものを 信じて
ALL THE THINGS
君だけの世界が 時間を変えてゆく
WITH YOUR DREAM 新しい夜明けのため










WHEN YOU'RE ALONE
太陽は輝き失くし 暗闇がすべてを
無に還すけど

灯りが見えない 海の上でも
君を導く 風は囁く
その心の奥に 消えない光がある事を










太陽の戦慄の中 未来は消えてゆく
いくつもの歴史は 灰になるけど
あきらめないPRIDEが 君の現実
燃える炎に見える 時間を掴め!

ALL THE WAY
その瞳に映るものを 信じて
ALL THE THINGS
君だけの世界が 時間を変えてゆく
WITH YOUR LOVE 新しい夜明けのため

ALL THE WAY
その指に触れたものを 信じて
ALL THE THINGS
君だけの世界が 時間を変えてゆく
WITH YOUR DREAM 新しい夜明けのため

君だけの世界が 時間を変えてゆく








2007/06/07 | 11:56
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

夢立ちぬ日々

散らばった楽譜に 託した想いを
名前のない風が 過去に運んでく

憧れに架けた 長い橋を
押し寄せる波が 流してゆく

何を信じればいいのか
流れる星に 願いは込めない
何処にゆけばいいのか
あの日の自分が 叫んでる

夢立ちぬ 日々の中 
込み上げた涙抑えてる
疲れた心と身体 ひきずりながら









錆びた弦(いと)で爪弾く 迷う心を
針のない時計が 過去に運んでく

あまりに遠い 光の行方を
覆い尽くす雲が 隠してゆく

何のため生まれてきたのか
眩しい太陽に 答えは聞かない
何処に辿り着けるのか
あの日の自分が 呟いてる

夢立ちぬ 日々の中 
いつしか心も変わってく
届かないものは 幻影にすぎないと








移りゆく時代の中 揺るぎない想いがある
変わりゆく時間の中 変わらない自分がいる

名前のない風が 未来へ誘(いざな)い
針のない時計が 過去を繋いでゆくから

もう一度 自分だけの答えを見つけるために
あの星を信じてみよう あの太陽を目指しゆこう  








夢立ちぬ 日々の中 
変わらぬ心見つめてた
あの日の鼓動 感じながら

何処までも 歩く事を誓うために








2007/06/07 | 11:55
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

夏への途上

君とここで出逢ったね 紫陽花の咲く頃
傘を持たずに歩く君の 濡れた髪が光ってた

今思えば 君の瞳が濡れてたのは
雨のせいじゃなかったのかな

俯く君が切なく見えて 僕は傘を差し出した
振り向く君に 右手を上げてひたすら走った

憂鬱な雨も 気持ちよく感じた午後
六月のあの季節 夏への途上








君と駅で待ち合わせたね 雨上がりの日
傘を片手に待つ君の 髪が風に揺れていた

今思えば 君の笑顔が眩しかったのは
太陽のせいじゃなかったのかな

頷く君が愛しく見えて 僕は思わず抱きしめた
振り返る君に 右手を伸ばしてひたすら走った

強い風も 気持ちよく感じた黄昏
六月のあの季節 夏への途上








雲は流れて 風はやがて 夏を連れてきた
君と僕は 季節が色変えるように
心も変わっていったね

あの雨がすべてを 流してしまったのかな
夏を待てなかったのは 何故なんだろう

あの傘はあの日に 置き去りのまま
六月のあの季節 夏への途上






君とここで出逢ったね 紫陽花の咲く頃








2007/06/07 | 11:54
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

DEPARTURE OF ADVENTURE

風向きが 変わったら
それが旅立ちの合図
物語はいつも 何気ない
EDUCATION

あの星を 掴むなら
見つめてるだけじゃ だめさ
その鼓動信じて 星の海を目指せ

世界地図を広げても
見えない 場所もあるから
ためらいの瞳 閉じて
隠される前に HERE WE GO

君だけの磁石は その胸にあるんだ
迷わず歩いてゆけるさ
辿り着きたい その場所へ

DEPARTURE OF ADVENTURE
準備なんていらない
振り向かない 勇気と 
追い続けたい 夢があれば 
この大地を 駆けてゆける
今こそ 旅立ちの時 









激しい雨が 止んだら
それが旅立ちの合図
伝説はいつも さりげない
MEDITATION 

あの虹を 掴むなら
眺めてるだけじゃ だめさ
その翼信じて 太陽を目指せ

地球儀を回しても
解けない 謎があるから
あきらめの言葉 忘れて 
壊れてく前に HERE WE GO

君だけの羅針盤 その心にあるんだ
悩まず歩いてゆけるさ
約束された その場所へ

DEPARTURE OF ADVENTURE
準備なんていらない
立ち止まらない 情熱と 
守り抜きたい 愛があれば 
この大空を 翔けてゆける
今こそ 旅立ちの時








叶えたい夢 探したい愛
願うだけじゃ 見つからないから
その瞳に映すんだ
その心で感じるんだ

待てない未来 戻りたい過去
流れてるだけじゃ 届かないから
その汗で探し出すんだ
その涙で輝かせるんだ

夜明けの光が 地平線染めたら
それが旅立ちの合図
自分を信じて クロノの果てを目指せ








君だけの磁石は その胸にあるんだ
迷わず歩いてゆけるさ
辿り着きたい その場所へ

君だけの羅針盤 その心にあるんだ
悩まず歩いてゆけるさ
約束された その場所へ

DEPARTURE OF ADVENTURE
準備なんていらない
変わらない 信念と
譲れない 誇りがあれば
この時間を 駈けてゆける
今こそ 旅立ちの時




2007/06/04 | 00:12
ANOTHER WORDSコメント:1トラックバック:0

風の詩を聴きながら

放課後の教室で ひとり君は
いつもと違う表情で 何を想っているの?

無邪気に手を繋げた あの日からは
ずいぶん時間は 流れたけど
今もこの風は 変わらない詩を歌ってる

MY BEST FRIEND
桜舞う春の朝も 眩しい夏の午後も
いつも君は 僕の隣にいたよね
笑顔も哀しみも 素顔はお互いが
一番よく知ってる つもりだった
あの日君が零した 涙見るまでは

もうすぐ 逢えなくなるけど
君に言いたい 言葉があるんだ
それはずっと しまいこんだ言葉
それはずっと 閉じ込めた想い

FRIEND WILL BE FRIEND
昨日までの二人に サヨナラを
君が君であるために 
僕が僕であるために









昼休みの屋上で ひとり君は
いつもと違う瞳で 何を見ているの?

幼い約束交わした あの日からは
ずいぶん時間は 流れたけど
今もこの風は 忘れない詩を歌ってる

MY BEST FRIEND
雨が止まない夕方も 月明かりの夜も
いつも君は 僕の傍にいたよね
嘆きも愚痴も 本音はお互いが
一番よく知ってる つもりだった
あの日君が呟いた 言葉聞くまでは

もうすぐ 逢えなくなるけど
君に話したい 事実があるんだ
それはずっと 隠してきた言葉
それはずっと 変わらない想い

FRIEND WILL BE FRIEND
昨日までの二人に サヨナラを
君が君であるために 
僕が僕であるために









今なら素直に 言える気がするよ
君の涙と言葉が 僕に勇気をくれたから

ここからもう一度 君と歩いてゆきたい
二人にしか見えないものを
終わらない時間の中で 探してみたい
風の詩を聴きながら









もうすぐ 逢えなくなるけど
君に告げたい 真実があるんだ
それはずっと 伝えたかった言葉
それはずっと 気づいてた想い

FRIEND WILL BE FRIEND
昨日までの二人に サヨナラを
君が君であるために 
僕が僕であるために



I WANNA BE YOUR LOVER
二人が二人であるために




2007/06/03 | 08:22
ANOTHER WORDSコメント:1トラックバック:0

流浪の果てに

何を求めて 彷徨うのか
廃墟の街の跡 背にして

地平線の彼方 紅く染まる
繰り返す時間の 狭間が燃える

留まる事を忘れて 旅を続ける
移り行く事こそが 真実のように

振り向けば 果てしない大地の上
足跡さえ残らず 過去は遠ざかる

何処に向かえば 辿り着くのか
何を望んで 願い続けるのか

fort zieh'n die Gestalten,
wer sagt dir wohin?

流れる風のように 生きてゆきたい
この砂に埋もれ 朽ち果てるまで
流浪の果てに 瞳に映るのは
あの日の君 旅立ちの場所











何を探して 彷徨うのか
幻影のオアシス 目指して

地平線の彼方 碧く染まる
繰り返す時間の 起源が輝く

留まる事を恐れて 旅を続ける
移り行く事こそが 安らぎのように

見上げれば 果てしない大空の中
哀しみさえ忘れて 季節は変わりゆく

何処まで行けば 見えてくるのか
何に祈れば 想いは届くのか

fort zieh'n die Gestalten,
wer sagt dir wohin?

流れる雲のように 生きてゆきたい
この海に沈んで 朽ち果てるまで
流浪の果てに 耳に囁くのは
あの日の声 約束の言葉










遥かな時を隔て 無限の世界に
君にしか 探せないものがある

終わらない時を繋ぎ 永遠を越えて
君だけを 待ち続ける人がいる

星座に導かれ 太陽を目指す
ジプシーのよう 歩き続ける先に
答えはあるから 









見渡せば 果てしない世界の中
希望は消えかけても 時代は移りゆく

何処に向かえば 辿り着くのか
何を望んで 願い続けるのか

何処まで行けば 見えてくるのか
何に祈れば 想いは届くのか

fort zieh'n die Gestalten,
wer sagt dir wohin?

流れる流星のように 生きてゆきたい
この星に還って 朽ち果てるまで
流浪の果てに 心を満たすのは
掴んだ夢 結ばれた愛





















※fort zieh'n die Gestalten,wer sagt dir wohin?
 ジプシーの群れは遠ざかっていく。
 ジプシーよ、誰が「どこへ」と問うだろうか?

「流浪の民」ドイツ語、訳詞より







2007/06/02 | 00:03
ANOTHER WORDSコメント:1トラックバック:0

BEYOND THE TIME

遥かな時を超えて 聴こえる鐘は
あの日君が 目覚めた朝の調べ
幾千億もの 命の記憶の中 
君に見えた 唯一のREALITY

繰り返す時間の メビウス
何のため 時は流れるのか
風は優しく 伝説を語り
鳥は謳い 愛の意味教える

WHEN YOU'RE ALONE
君の傍には いつも僕がいる
涙毀れそうな時も 抱きしめているから
時を翔けてゆこう あの扉を開けて
ここから始まる 新しい時代へ

BEYOND THE TIME
君を忘れない 刻まれたDESTINY
二人を繋ぐ 運命は
太陽が消えても 決して変わらない








無限の宙(そら)を超えて 輝く星は
あの日君が 眠った夜の幻想
幾千億もの 歴史の記録の中
君に見えた 唯一のTRUTH

繰り返す時間の ラビリンス
何処に向かい 時は流れるのか
波は切なく 神話を語り
虹は煌き 夢の在りか教える

WHEN YOU'RE ALONE
この手は いつも離さない
心壊れそうな時も 守り続けているから
時を翔けてゆこう あの階段をのぼり
ここから始まる 新しい世代へ

BEYOND THE TIME
君を探し続ける 刻まれたFORTUNE
二人を繋ぐ 絆は
月が堕ちても 決して切れない








愛する人よ わすれないで
昨日の涙が 君を優しくする事

夢追う人よ わすれないで
今日の挫折が 君を強くする事

孤独を越え 痛みを越え
君は時間を 超えてゆけるから








BEYOND THE TIME 
君を忘れない 刻まれたDESTINY
二人を繋ぐ 運命は
太陽が消えても 決して変わらない

BEYOND THE TIME
君を探し続ける 刻まれたFORTUNE
二人を繋ぐ 絆は
月が堕ちても 決して切れない


二人を繋ぐ 約束は
世界が終わっても 決して消えない

BEYOND THE TIME・・・



















2007/06/01 | 00:03
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Copyright © 時の傍観者 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。