スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

Hello Again

視線逸らした 君の横顔
瞳が煌いて見えたのは
月明かりのせいじゃない

二人の時間は 風に吹かれて
どこに行くのだろう
雲に隠れた あの月は
夜明けまでに もう一度
二人を照らしてくれるだろうか

人はいつも 心うらはら
大切なものを 手放す
あの日の写真 振り返らぬよう 
破り捨てるように

眩しい笑顔 二人の場面 
時のかけらは
それぞれの胸 わすれられない 
想い出に変わるけど

揺れる髪 触れる指先 
君のすべてを
想い出には したくないのさ 
Hello Again






俯いたまま 君が頷く
肩が震えて見えたのは
涙で霞んだせいじゃない

二人の時間は 風に流されて
どこに辿り着くのだろう
瞳濡らした その涙は
夜明けまでに もう一度
二人を素直にしてくれるだろうか

人はいつも 心置き去り
大切なものを 見失う
あの日の言葉 気付かぬふりで
返事をしないように

寄り添う肩 二人の場面
時のかけらは
それぞれの胸 わすれられない
想い出を作るけど

君の匂い もたれる背中
君のすべてを
想い出には したくないのさ
Hello Again






人はいつも 心偽り
大切なものを 失くしてく
あの日の心 壊れそうでも
追えないように

推さない愛 儚い夢 
時のかけらは
それぞれの胸 わすれられない
痛みに変わってゆく

離れられない 離れたくない
君のすべてで
想い出はまだ 終わらない
Hello Again


新しい夜明けに
Hello Again





スポンサーサイト
2007/04/30 | 04:00
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

架空の象徴(エンブレム)

時は無言の叫びで 君を呼び続ける
夜空に星が見えなくても 星座の位置は変わらない
愛は無言の涙で 君に終わりを告げる
月明かり雲に隠れても 蒼い夜は続いてゆく

今、哀しいほどの オペラの夜に
仮面の舞台演じる 幕がまた上がるのさ
天使の声がこだまする 虚構のプロローグ
迷宮を進む勇気は 抑えきれない衝動

愛は理想を追いかけすぎた アルテミスの幻影
だけど信じ続けてゆく 心が命ずるままに 
それが愛の至上 愛は愛ゆえに

掴めない風を追い越して 届かない壁を乗り越えて
翳した手に銀の剣を この胸に紅い薔薇を
今、愛の名の下に 架空の象徴(エンブレム)に誓い
戻れない時を駆け抜けて 勝利をその手に
Glorias victory








時は無情の速さで 君を運び続ける
白夜に朝が訪れても 太陽の位置は変わらない
愛は無情の台詞で 君に別離を告げる
流星が闇に煌いても 黒い夜は続いてゆく

今、刹那いほどの カオスの夜に
仮面の舞台演じて 幕がまた降りるのさ
天使の唱がこだまする 虚飾のエピローグ
迷路を進む希望は 止められない鼓動

愛は欲望を追いかけすぎた アフロディーテの誘惑
だけど信じ続けてゆく 心が命ずるままに 
それが愛の至高 愛は愛ゆえに

渡れない海を飛び越えて 登れない崖を駆け上がり
翳した手に金の盾を この胸に青い薔薇を
今、愛の名の下に 架空の象徴(エンブレム)に誓い
見えない時を突き進み 勝利をその手に
Glorias victory







幾千億の夜を越えて 星は生まれ消えてゆく
砂塵に消える伝説が 君の記憶を繋ぐ・・・

その心を動かすのは 決して消えない刻印
揺るぎなきその魂は 君だけの象徴(エンブレム)




刻まれた愛を信じて 愛が愛であるために・・・




掴めない風を追い越して 届かない壁を乗り越えて
翳した手に銀の剣を この胸に紅い薔薇を
今、愛の名の下に 架空の象徴(エンブレム)に誓い
戻れない時を駆け抜けて 勝利をその手に

渡れない海を飛び越えて 登れない崖を駆け上がり
翳した手に金の盾を この胸に青い薔薇を
今、愛の名の下に 架空の象徴(エンブレム)に誓い
見えない時を突き進み 勝利をその手に





今、愛の名の下に ここに誓う
Glorias victory









2007/04/29 | 04:04
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

まるい地球でじゃんけんぽん 四角い世界であいこでしょ

おはようしてる時 グッドナイト
こんにちはしてる時 グッドバイ

君と僕とはいつもさかさま 逆立ちでごあいさつ
だけど、どっちも頭の上に 
広くて大きな ブルースカイ

髪の色も 瞳の色も こんなに違うけど
おんなじアニメで笑ってる それが君と僕

まるい地球なのに 行けない場所がある
そんなのおかしいね そんなの変だよね

世界地図をクルッとまるめて 覗いてみよう
ほら、お日様も お月様も 
あの娘の笑顔も 見えてくる

君と僕とは友達さ まるい地球のベストフレンド
いつまでたっても いつまでたっても
あいこでしょ








おやすみしてる時 ボンジュール
さよならしてる時 ジュテーム 

君と僕とはいつもさかさま 逆立ちでごあいさつ 
だけど、どっちも目の前に
遠くてきらめく エンドレスデイ

肌の色も 話す言葉も こんなに違うけど
おんなじニュースで泣いている それが君と僕

四角い世界なのに 曲がれない角がある
そんなのおかしいね そんなの変だよね

地球儀をクルッと回して 眺めてみよう
ほら、あの山も 大きな海も
ケンカしてる国だって 混ざっちゃう

君と僕とは友達さ 四角い世界のベストフレンド
いつまでたっても いつまでたっても
あいこでしょ








隣の国でかくれんぼ 遠くの国でおにごっこ
いつまでたっても まぁだだよ
いつまでもたっても つかまらない

みんなで輪になって じゃんけんぽん
たくさんで輪になって じゃんけんぽん
いつまでたっても あいこでしょ
いつまでたっても あいこでしょ



世界地図をクルッとまるめて 覗いてみよう
ほら、お日様も お月様も 
あの娘の笑顔も 見えてくる

地球儀をクルッと回して 眺めてみよう
ほら、あの山も 大きな海も
ケンカしてる国だって 混ざっちゃう



君と僕とは友達さ 
青いこの星のベストフレンド
いつまでたっても 
どこまでいっても 友達さ









2007/04/27 | 03:05
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

ふしぎなコッペパン

朝だけ開いてるパン屋さん 
ママがいつも買ってくる
ふっくら大きなコッペパン 
ちょっと不思議なパンなのさ

焼きそば入れたら 焼きそばパン
コロッケ入れたら コロッケパン
ママの手作り 具を入れて

ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

なんでこんなに おいしいんだろ?
ママも一緒に食べようね

ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

オレンジジュースで ゴックン!

ごちそうさま☆






夜中にせっせとパン屋さん 
みんなのために作ってる
ふっくら大きなコッペパン 
ちょっと不思議なパンなのさ

チョコやジャムで 甘いパン(≧▽≦)
マスタード入れすぎ 辛いパン(;△;)
ママに叱られ 泣いた時も

ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

なんでこんなに おいしいんだろ?
ママも一緒に食べようね

ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

トマトジュースで ゴックン!

ごめんなさい☆







どうして朝しか 開かないの?
ママに聞いたら ナイショだよって
コッソリ僕に 教えてくれた

パン屋のおじさん お昼は街で
みんなの笑顔 集めてるんだ
たくさん集めて パンと一緒に
ふっくら焼くって 本当かな?

ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

だから僕も いつも笑顔で
おいしいパンを 食べなきゃダメさ

ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

ミルクをたくさん ゴックン!

ごちそうさま☆






ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

パン屋のおじさん!
ママ!

ありがとう☆






ムシャムシャ モグモグ
ムシャムシャ モグモグ

パパもたまには 一緒に食べようね

行ってきます☆





2007/04/26 | 04:14
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Wind of change

この頬を打つのは あの日の風なのか
どんなに強く吹かれても 逆らい続け
前に進む事がすべてだと 信じていた

Blowin' in the Wind
時は流れ 心、流されて
あの日の僕はどこに消えたのだろう

戻れない昨日は あの風の彼方
孤独な夜に 挫折の心抱えてたあの頃
振り返る日々に捉われ 明日が見えなかったあの日





この胸を打つのは あの日の風なのか
どんなに激しく吹かれても 守り続け
離さない事がすべてだと 信じていた

Blowin' in the Wind
季節は流れ 想い、流されて
あの日の君はどこに消えたのだろう

戻れない過去は あの風の彼方
涙の夜に 凍えた心抱えてたあの頃
忙しい日々に追われ 君が見えなかったあの日







Blowin' in the Wind
時は流れ 心、流されて
あの日の僕はどこに消えたのだろう


Blowin' in the Wind
季節は流れ 想い、流されて
あの日の君はどこに消えたのだろう





風はやがて この海を渡り
あの国を越え 君の心を揺らすだろう
今も変わらない 想い伝えるため
今も変わらない 願い届けるため




もう一度 あの風を追いかけてゆこう
終わらない夢 掴むまで
終わらない愛 抱きしめるまで







wind of change
今、優しい風は僕に囁いた 












2007/04/25 | 04:44
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

The Never Ending Story

真っ赤な林檎は 君のfirst love
誰を待って眠り続けるの?
無邪気な小人が 周り囲んでも
あどけない寝顔 そのままで

君が望めば 僕はいつだって
ナイトにもなれるさ 
白馬の翼広げて この夜を翔けてゆく

The Never Ending Story
二人の物語は ここから始まるのさ
誰も邪魔できない
世界中の誰よりも 君を幸せにするよ





棘(いばら)の時間は 君のlong night
誰の夢をずっと見ているの?
月明かりが横顔 照らしても
変わらない微笑み そのままで

君が望めば 僕はいつだって
ロミオにもなれるさ
蒼い月明かり目指し この森歩いてゆく

The Never Ending Story
二人の物語は ここから続いてゆくのさ
誰も真似できない
世界中の誰よりも 君を幸せにするよ






重なるの針は 君のtime limit
誰を見つめ踊り続けるの?
魔法がとけない ガラスの靴
あきらめない想い そのままで

君が望めば 僕はいつだって
アダムにもなれるさ
その実の罪背負っても 君を守ってゆける

The Never Ending Story
二人の物語は ここから語られるのさ
誰もが憧れる
世界中の誰よりも 君を幸せにするよ








君はいつも 恋の物語
憧れ続ける princess
迎えにゆくのは この僕さ
さぁ 手を伸ばして 見つめ返して



The Never Ending Story
二人の物語は ここから始まるのさ
誰も邪魔できない

The Never Ending Story
二人の物語は ここから続いてゆくのさ
誰も真似できない

The Never Ending Story
二人の物語は ここから語られるのさ
誰もが憧れる
世界中の誰よりも 君を幸せにするよ



君を誰よりも・・・



幸せにすると 誓うのさ



The Never Ending Story







2007/04/24 | 06:37
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

夢幻の永劫

黄昏に飛び立つ鳥は 何処に向かい
なんのために 謳い続ける
疲れた羽根を休めながら 
約束の地を 目指し羽ばたく

人は誰もが 星に祈り
風に吹かれて 時を渡る
一握りの砂をこぼさぬよう
信じた道を 迷わぬように

後悔は流される 落ち葉のように
戻れない岸辺 嘆きながら
涙の海を 目指す小船

誰に出逢い 何を夢見るのか
あの雲の流れのままに
遥かな時を越えて 
君は必ず出逢うだろう
You've got another thing comin'
あの日のあの人に








伝えたい想いは 何故にいつも
時の向こう側で 回り続ける
届かぬ願い消えないよう 
永遠の記憶 彷徨いながら

人は誰もが 月に祈り
雨に打たれて 季節を巡る
掴んだ糸を離さぬよう
信じた灯り 見失わぬように

孤独は散り往く 花びらのように
戻れない季節 惜しみながら
刹那の夜に 煌く流星

誰に出逢い 何を愛するのか
あの鐘の調べのままに
遥かな時を越えて 
君はきっと出逢うだろう
You've got another thing comin'
あの日のあの人に







希望は消えない 炎のように
見えない明日を 導きながら
紺碧の空に 輝く太陽

誰に出逢い 何を求めるのか
この胸の 鼓動のままに
夢幻の永劫の中で 
君はきっと出逢うだろう



 
You've got another thing comin'
君は君に出逢うだろう・・・










黄昏に飛び立つ鳥は 何処に向かい
なんのために 謳い続ける
疲れた羽根を休めながら 
約束の地に 辿り着く





 


2007/04/23 | 00:02
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Decadence dance

鏡の中に 広がるendless world
永遠の世界 無限の時間
本当の自分を 見つけられない
迷う時間あるなら 
今すぐstand up & shout 

Look around
君が立つ場所なんて 
囲まれたsmall world 
何処へだって行ける その心次第で

目の前の夢なんて かりそめのGOLD
溶けてしまえば 形は変わってく
錆付いたカケラ もう集めずに 
捨ててしまえばいいのさ right now!

decadence dance! dance!
今感じるままに 
その心だけが 真実を知ってる
decadence dance! dance!
it's more than feeling
退廃的な リズムの中に・・・
falling Down







オペラグラスに 広がるanother world
現実の世界 刹那の時間
本当の自分を 誰も知らない
振り向く時間あるなら 
今すぐChange your mind

Look around
君が見てる場所なんて 
囲まれたsmall world  
彼方だって見える その心次第で

目の前の愛なんて ふらちなDIAMOND
燃やしてしまえば 灰に変わってく
破れたメモリー もう繕わず
閉じ込めてしまえばいいのさ right now! 

decadence dance! dance!
今感じるままに 
その瞳だけに 真実が見える
decadence dance! dance!
it's more than feeling
虚無的な メロディーの中に・・・
falling Down






孤独な夜も 憂鬱な朝も
挫折の昨日も 不安な明日も
後悔の過去も 見えない未来も



decadence dance! dance!
今感じるままに 
その心だけが 真実を知ってる
decadence dance! dance!
今感じるままに 
その瞳だけに 真実が見える

decadence dance! dance!
今感じたままに
その心の奥に 答えはあるから
it's more than feeling
falling Down

it's more than feeling
falling Down





2007/04/22 | 04:44
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

背徳のナルシシズム

月明かりが誘う 禁断の森は
美しき者達の 素顔のエルサレム
潤んだ瞳のまま 見つめるだけで
言葉も絆もいらない 愛に溺れてゆく

もっと甘く もっと狂おしく
欲望のPurification
心も身体も溶けるほど 踊り続ける
薔薇のシーツの上で

抱かれるほど 芽生え始める
虚像のjealosy
吐息で囁く Je t'aime a la folie.

no reply
重ねた唇は 約束の証ではなく
最初の甘い果実
消えない快楽 背徳のナルシシズム







静寂に流れる 禁断の旋律は
美しき者達の 素顔のレクイエム
濡れた唇のまま 語るだけで
運命も奇跡もいらない 愛に溺れてゆく

もっと強く もっと激しく
現実のDestruction
昨日も明日も消えるほど 泳ぎ続ける
ワインの海の中で

感じるほど 求め続ける
真実のecstasy 
溜息で囁く Je t'aime pour toujours.

no reply
重ねた唇は 誓いの証ではなく
最後の苦い果実
消えない刻印 背徳のナルシシズム







熱い指先が 触れた場所から
すべて奪われてゆく
冷たい炎に燃えながら
堕ちてゆく 鏡の追憶砕けて・・・


もっと甘く もっと狂おしく
欲望のPurification
心と身体が溶けるほど 踊り続ける
薔薇のシーツの上で

もっと強く もっと激しく
現実のDestruction
昨日も明日も消えるほど 泳ぎ続ける
ワインの海の中で


重ねた唇は 背徳のナルシシズム















※Je t'aime a la folie.(狂おしいほど愛してる)
 Je t'aime pour toujours.(永遠に愛してる)


2007/04/20 | 04:47
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

魔法のクレヨン

君がいつも持ってる 大切なものは
青だけちょっと短い 12色のクレヨン
壁に描いちゃうと 叱られるけれど
真っ白なもの見ると がまんできないのさ

魔法のクレヨンは 君の宝物
君だけの色で 自由に描くよ
耳をすましてごらん
いろんな色で 描く風景の中
あの風の音が 聞こえるはずさ

見上げた空を 描いてごらん
青いクレヨンで 色を塗ろう
画用紙から はみだしても平気さ
だって、君が見ているこの空は
どこまでも続いてるから








君がいつも持ってる 大切なものは
赤だけ折れてふたつの 12色のクレヨン
時々服に色が ついちゃうけれど
これがカッコイイんだ お気に入りなのさ

魔法のクレヨンは 君の宝物
君だけの色で 自由に描くよ
耳をすましてごらん
いろんな色で 描く友達たちの
君を呼ぶ声が 聞こえるはずさ

輝く星を 描いてごらん
夜空に光る たくさんの星を
数え切れなくても平気さ
だって、君が見ているうちに
またひとつ星が生まれるから









魔法のクレヨンは 君の宝物
君だけの色で 自由を描くよ
耳をすましてごらん
いろんな色で 描く君の世界の
はじまりの合図が 聞こえるはずさ

君の夢を 描いてごらん
大人になったら 何になるの?
ヒーローだって
アイドルだって
きっとなれるさ
だって、君は夢を叶えるため
生まれきたから

















君がいつも持ってた 大切なものは
ちょっと不思議な 12色のクレヨン
大人になって もう使えないけど
数え切れないその絵は今も・・・


君の心の中に


飾られているのさ










2007/04/19 | 00:30
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

ユメ☆ミライ∞アイ★キセキ

坂道転がる あの石のように
どこまでも この時間は続くと
思っていたよね
時計の針はいつも 明日へと急ぐけど
キモチは変わらないと 思えた日々

As time goes by
流されてしまう キモチはいつだって
誰もが通り過ぎる 儚い通過点なのか


Never ending dream
投げ出した夢が 色褪せて
風に吹かれても
振り向けば いつだって
君を待っているんだ
もう一度 輝くために 


今、この場所から歩き出そう
ここから始まるのさ
ユメ☆ミライ あきらめないで
その手で掴むんだ

あの青空の向こう側 届くほど
どこまでも続く 虹になれ!  








波に流されない 貝殻のように
どこまでも 二人の時間は続くと
思っていたよね
繋いだ手を離して ぬくもり消えても
ココロは傍にいると 思えた日々

As tears goes by
流されてしまう ココロはいつだって
誰もが閉じ込める 思い出なのか


Never ending love
置き去りにした愛が 涙の雨で
霞んで見えても
目の前の 微笑みは
君を待っているんだ
もう一度 繋がるために 


今、この場所から歩き出そう
ここから始まるのさ
アイ☆キセキ 信じて
その手を重ねるんだ

あの夜空に向かう 想いよ
かけのぼり煌く 星になれ!

 





時代が歴史の形を 変えてゆくように
キモチノカタチも変わるけど
ユズレナイキモチは いつでも変わらない

季節が花の色を 変えてゆくように
ココロノイロも変わるけど
トキメクココロは いつでも変わらない


大切なものを 失くさないために・・・




今、この場所から歩き出そう
ここから始まるのさ
ユメ☆ミライ あきらめないで
その手で掴むんだ

今、この場所から歩き出そう
ここから始まるのさ
アイ☆キセキ 信じて
その手を重ねるんだ




このユメのミライと 
アイのキセキを胸に・・・



あの青空の向こう側へ


あの夜空の向こう側へ


君の心の向こう側へ 届くまで






2007/04/17 | 05:30
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

理(ことわり)

時の徒然に 風は流れて
語り継がれる 瞬刻の調べ 


命燃ゆる 季節に染まりし
色彩(いろ)付く 万感の想い
万里を超えて 刹那に散り往く 
華に届く


春の夜の夢の如し
娑羅双樹の理(ことわり) 告げる








時の徒然に 星は流れて
語り継がれる 永遠(とわ)の煌き


命燃ゆる 時代に流れし
消え往く 浮世の想い
大河を越えて 彼岸に辿り着く 
蝶に届く


宙(そら)の広さの無限の如し
森羅万象の理(ことわり) 告げる








時の徒然に 鐘は響き
語り継がれる 無窮の律動




夢は諸行の 泡沫(うたかた)の夢幻
愛は悠久の 誘(いざな)いの幻影 




春の夜の夢の如し
娑羅双樹の理(ことわり) 告げる

宙(そら)の広さの無限の如し
森羅万象の理(ことわり) 告げる






2007/04/16 | 05:10
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

May be

望遠鏡のあの星は 
今日も止まって見えるけど
この星の現実よ don't stop my life

メールの会話は High tension
寡黙な演出で Make & body
誘惑の言葉はいつも 価値観スレ違い

現状の事態に 非常口探せない
多重人格の 微笑みでかわすオフィス



まどろみの午後に芽生える 
密かなフラストレーション・・・



だから、ヒステリックな君の主張で
サイケデリックな夢を掴んで

飾り立てた言葉では 君は振り向かない
ありきたりの言葉なら 歴史には残らない 

May be










ゴールしたランナー達は 
勝利掴まず倒れるけど
この都会の現実よ don't stop my dream

パーティーの合図は No reason
饒舌な舞台で Shake & slow
静寂の夜はいつも 悲愴感独りきり

途上の恋愛に 道標探せない
潜在意識の 選択で決めるフィーリング



憂鬱な朝に目覚める
確かなイマジネーション・・・



だから、リリカルすぎる君の笑顔で
ロマンティックな愛を掴んで

飾らない態度でも 君は振り向かない
ありのままの態度では 世界は動かせない

May be









自由な夜を切り裂く
銃声のコミニケーション・・・



だから、ヒステリックな君の主張で
サイケデリックな夢を掴んで

リリカルすぎる君の笑顔で
ロマンティックな愛を掴んで

コスミックな君の欲望で
ファンタスティックな人生を掴んで



飾り付けた 君だけの武装で

ありのままの 君のその武器で

この時代を 変えてゆくのさ

この星が周り続けるために・・・

May be










2007/04/15 | 05:25
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

My Renaissance

白夜の空に流れる 流星のよう
何も見えない 願いは届かない
光のシグナル 多重のサーチライト
何処にいても 君は動けない
昨日と明日へのcrisis
目の前の現実に 縛られる
 
夢は儚さの 終わらないシンフォニー
一途な旋律に 絡まるメロディー

風よ、もっと強く
雨よ、もっと激しく
昨日までの運命 彼方へ連れ去れ

Change your mind
そこから始まる 君だけの理想
誰がためにでもなく 自分のために
My Renaissance
もう一度 その手に
誰がためにでもなく 自分のために

革命の剣と 反抗の盾を持ち
今の自分を変えてゆけ










囲まれた箱庭 パンドラの世界
怯える心は 挫折と孤独
暗闇のゲート 氷のダンジョン
何処を目指しても 君は逃げられない
過去と未来へのcrisis
目の前の現実に 堕ちてゆく

愛は嘆きの 消えてゆくラプソディー
繰り返す旋律に 涙のメロディー 

風よ、もっと強く
雨よ、もっと激しく
明日からの宿命 彼方へ連れ去れ

Change your mind
そこから始まる 君だけの思想
誰がためにでもなく 自分のために
My Renaissance
もう一度 その胸に
誰がためにでもなく 自分のために

勇気の剣と 希望の盾を持ち
今の自分を変えてゆけ










遥かな幻 バビロンの都
勝利は 欲望と名誉のために
自分を失くしても この旗に従う
あの空に届く前に 崩れたtower



愛は砂に流され 夢は風に吹かれた






風よ、もっと強く
雨よ、もっと激しく
この時代を 過去に連れ去れ

Change your mind
君から生まれた 新しい理論
誰がためにでもなく 自分のために
My Renaissance
もう一度 その誇りに
誰がためにでもなく 自分のために







変わるために


進むために


掴むために


守るために


愛と夢と自由と 自分のために



Renaissance







2007/04/14 | 03:40
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

恋のPretender

両手いっぱいの 荷物抱えた
君は誰もが振り返る
魅惑のMiss Romance

Baby faceに似合わない
ルージュとネイルは誰のため
素顔の恋をできない lonely angel


君は恋のPretender
その心隠して
甘い一夜の夢に抱かれても
奇跡の出逢い 信じてる 

ding dong それは恋の合図
出逢いは 天使の矢のタイミング
ding dong それが恋のはじまりさ
瞳のサインで ときめくI love you




甘い香りで 夜を彩る
君に誰もが視線送る
誘惑のMiss Romance

Baby blue冷めた横顔
昨日のジュエリー外してる
素直な恋をできない lonely girl


君は恋のPretender
その素顔隠して
涙の朝の夢から覚めても
約束の出逢い 信じてる 

ding dong それは恋の合図
チャンスは 1度だけのタイミング
ding dong それが恋のはじまりさ
触れる指先で ときめくI need you







ハイヒールの視線じゃ
見えないものもあるから
裸足のままで 素顔のままで
目の前の僕を見つめて・・・






ding dong それは恋の合図
出逢いは 天使の矢のタイミング
ding dong それが恋のはじまりさ
瞳のサインで ときめくI love you


ding dong それは恋の合図
チャンスは 1度だけのタイミング
ding dong それが恋のはじまりさ
触れる指先で ときめくI need you


眠ったハートに火をつけて・・・





2007/04/13 | 03:07
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

BEST FRIEND

止められない時間が 今日を昨日にしてゆく
目の前の微笑みが 過去の記憶になる

過ぎてゆく景色は 鮮やかさを失くすけど
その心に残る時 君の鼓動も重なる


I want you to know
耳をふさいでも 聞こえて来るのは
あの日の君自身の声
激しい雨の中でも 消えない君の声

時の速さは 君の心の
速さで変わるもの



だから今、立ち止まる 時間があるのなら
ありのままの君の心で この時を動かせ


You're my best friend
その耳をすまして
今しか聞こえない あの鐘の音の中で
君の心に 一瞬を刻み込め


今の君は ここにしかいないから







I want you to know
瞳閉じても そこに見えるのは
あの日の君自身の姿
激しい風の中でも 倒れない君の姿

時の流れは 君の心の
向かう先にあるもの



だから今、振り返る 時間があるのなら
譲れない君の心で 時の流れを掴め


You're my best friend
その瞳をこらして 
今しか見えない 太陽の眩しさの中で
君の心に 一瞬を刻みこめ



今の君は ここにしかいないから








繰り返す ありきたりの日々も
いつか煌く思い出に 変わるように
散りゆく花が その瞬間も
美しいのは
どんな時も 失くさない
プライドがあるから・・・







だから今、立ち止まる 時間があるのなら
ありのままの君の心で この時を動かせ

だから今、振り返る 時間があるのなら
譲れない君の心で 時の流れを掴め






明日に進む足跡は かけがえのない 
君だけのモニュメント



過去を抱きしめて 未来を見つめて
ありのままの心で・・・



今の君は ここにしかいないから




You're my best friend







2007/04/12 | 04:10
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

夜明けの太陽を目指して

街角に流れる 
今日も憂鬱なニュースが
海を超え、国境を越え
僕らの目の前に現れる

どんなに叫んでも
想いは雑踏に消されてく
どんなに近づいても
スクリーンの花は香らない

Communication Breakdown
融合されたパーソナル
誰もが同じ文字で話してる



太陽を目指した イカロスの絶望
時放たれた自由の中 自分を見失う
縛られた鎖 断ち切っても 
夢は掴めなかった

だけど、この海は太陽を受け
今も輝き続ける
変わらない想い 捨てないために


覚えてるかい あの日
君が見ていた景色
雲の流れに 時をわすれた頃

You can do it
あの雲も あの星も
きっと掴める日が来るから

keep the faith
あの地平線の向こうまで
夜明けの太陽 目指して






Imagination Breakdown
決められた 明日のビジョン
誰もが同じ夢を見ている



星空を翔る アルテミスの哀しみ
二人だけの世界の中 行方を見失う
互いの心 重ねても 
愛は掴めなかった

だけど、あの月は星空の中
今も輝き続ける
伝えていく 想い捨てないために


わすれないで あの日
君が描いた自分自身
風の強さに 逆らい続けた頃

You can do it
あの風も あの虹も
きっと乗れる日が来るから

keep the faith 
あの星空の向こうまで
夜明けの太陽 目指して




君だけのセオリーで





君だけの未来 信じて





夜明けの太陽 目指して





2007/04/11 | 04:44
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

二人のエルピス

月明かりの下
煌めく波間に 佇む君の影

遠くを見つめる その瞳に
星より輝く 涙が毀れる





tell me why
昨日の涙も
明日への不安も
僕が包んであげよう

everything about you
抱きしめたい
everything about me
その心と身体で

愛は互いが許しあう時
哀しみ超えて強く繋がる

振り向けば君がいて
目の前に僕がいる

南の空に輝く星座は
今、二人だけのエルピス





tell me why
孤独な夜も
冷たい雨の朝も
僕が包んであげよう

everything about you
過去も未来も
everything about me
その瞳と両手で

愛は互いが向き合った時
言葉を超えて強く繋がる

手を伸ばせば君がいて
いつも傍に僕がいる

東の空に流れる流星は
今、二人のエルピス









この世界で、たったひとつ
守りたい 大切なもの
あなたの心

この世界で、たったひとつ
誓いたい かけがえのない
あなたへの愛









同じ時代に生まれた
出逢いは 巡り会う奇跡じゃなく
遠い日の約束
僕は君だけを ずっと探し続けていた


everything about you
抱きしめたい
everything about me
その心と身体で


愛は互いが重なり合う時
永遠に続く絆になる









月明かりの下
煌めく波間に 佇む二人の影

互いを見つめる その瞳に
星より輝く 愛がある





2007/04/10 | 00:20
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

情熱の輪舞曲(ロンド)

やわらかなその髪と
しなやかその躰は
この夜の媚薬
指先ひとつで演じる
恋のファンタジア

その仮面も、昨日の嘘も
すべて脱ぎ捨てて
欲望のまま 甘い夜に
二人溶け合うunder pleasure

繰り返す魔性の夢は
情熱の輪舞曲(ロンド)

情熱は燃え上がる炎
この涙も乾くほどに
狂おしく抱きしめて・・・





艶づくその唇と
潤んだその瞳は
この夜の魔法
言葉のいらない誘惑
恋のイリュージョン

そのドレスも、無くした愛も
すべて脱ぎ捨てて
本能のまま 甘い夜に
二人溶け合うunder pleasure

繰り返す虚言の愛は
情熱の輪舞曲(ロンド)

情熱は吹き荒れる嵐
この涙も濡らすほどに
切なく抱きしめて・・・





真っ赤な薔薇とワインに
染められた舞台
セリフもなく 心のままに
演じ続けるだけ

叶わぬ愛にすがるより
感じる恋がすべて
つかの間の炎でも、燃え尽きるまで

ため息も吐息に変わる
情熱の輪舞曲(ロンド)



この街は 幻夜のジュエリー
輝きは 夜明けまでの奇跡
動かない時間の中で
踊り続けるマスカレード


自由は孤独の裏返し
いくつもの恋にすがっても
この心は満たされない


終わらない魅惑の夜に
情熱の輪舞曲(ロンド)





蒼い月が雲に隠れてく


哀しみの輪舞曲(ロンド)







2007/04/09 | 00:03
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

虚像の世界 カオスの真実

時の流れに終わりがなくても
決められた時間に縛られるMY LIFE
迷う心はいつも 
鏡に映る自分自身

変えようのない毎日の中で
探し続けるものはなんだろう

見えるものすべてを信じれば
答えは、そこにあるのだろうか

見えないものを追いかければ
答えは、そこにあるのだろうか





実存と本質、理想と現実

対立と協調、革命と反抗

時間と空間、希望と絶望

感情と理性、君の心と僕の心





バランスを崩した希望のKIGDOM
幻想のユートピア
転がってゆく どこまでも
愛と夢を削りながら


夢が愛を壊し、愛が夢を包み込む
虚像の世界 カオスの真実



この森を抜ければ
求める愛が見えるのか
君の声が聞こえるのか







誰のために祈りつづけ
何のために願いを込めるのか・・・






バランスを崩した欲望のKINGDOM
架空のシャングリア
堕ちていく どこまでも
罪と罰を背負いながら


光が闇を隠し、闇が光を創りだす
虚像の世界 カオスの真実




このドアを開ければ
求める夢が見えるのか
自由の鐘が聞こえるのか







嘆きの天使の歌が聞こえる
瓦礫の街がマリアの涙に沈む

挫折の夜は静寂の中で・・・







夢を見るため眠るのではなく
明日に向かい時を超えたいだけ

愛を奪うため見つめるのではなく
目の前の君をいつまでも守りたいだけ







彷徨いながら辿り着くのは
あの日旅立った場所
君が生まれた場所

今・・・無限がゼロに還る








星が太陽を月に変え
太陽が星を連れ去る
虚像の世界 カオスの真実






立ち止まる時、時計の針は止まる
目を閉じた時、暗闇は訪れる





だけど、君だけの1秒の中
思い出は駆け巡る、想いは永遠に続く


can you feel
その心に見えるものを信じて
can you feel
その瞳で感じるものを信じて


本当の事など誰も知らない
真実は君の中にある






振り向いた時、時代は逆に流れる
目を開けた時、光はすべてを消し去る





だけど、君だけの1秒の中
言葉は時を繋ぎ、意識は星を動かす


can you feel
その心で感じた痛み信じて
can you feel
その瞳に流れた涙信じて


本当の色など誰も知らない
真実は君の中にある









虚像とカオスの果てに






君だけの真実がある






2007/04/08 | 00:08
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

巡りゆく花びら

桜の季節に舞い散る雪は
二人の終わりを拒むよう

巡る季節に取り残されても
俯く君を抱きしめていたかった



繋いだ手の冷たさが
冷めた愛に別れを告げる

出逢いと別れの季節
涙はふたりだけの記憶を
あの日のまま閉じ込めるために



今、君の髪を揺らす風が
新しい季節を連れてくる






推さなでスレ違う二人でも
いくつもの季節重ねてきた
この長い冬が終わるまでは

巡り会いは偶然じゃないけど
別々の舗道歩いていくのは
心、うらはらな運命なのか




出逢いと別れの季節
微笑みはふたりだけの記憶を
あの日のまま煌くために



今、君を包む暖かい陽が
新しい季節を気づかせる







悠久の時代を超えて
舞い散る花びらは
散りゆく儚き想い
胸に刻みながら
新しい色付く時へと
誘う爛漫






瞳に映る君が
その指で触れた頬が
凍えた心溶かしてゆくから




桜の季節に舞い散る雪が
今、花びらに変わってゆく






巡る季節の中の約束は
この花びらが舞い散る
あの日の風になること







2007/04/07 | 00:11
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

プライム・ローズ

この街は
すれ違う人の数だけ
君を孤独にしてゆく

どんなに追いかけても
どんなに求めても
掴んだのはユメのカケラばかり

だけど・・・

きっと、この雨が君の 
涙を洗い流す

過去と未来の時間は今
目の前の現実で変えていけるから



この胸の奥に咲く薔薇に誓う
譲れないこの想い
決してなくさないと

save your self
君が君であるために
動き出す鼓動の速さで

挫折と絶望を超えたその先に
この薔薇は咲いている

君だけのプライム・ローズ




とめどなく流れる涙は
過去への償い
あの日の夢、あの日の愛
揺れる幻影

聞こえるのは記憶の狭間
消えない君の声
離れた指先から転がるリング

だけど・・・

きっと、この風が君の 
ため息を連れ去る

君が見つめるその先に
答えはあるから



この胸の奥に咲く薔薇に誓う
もう二度とこの手は
決して離さないと

save your self
君が君であるために
動き出す鼓動の速さで

愛と夢が交差するその先に
この薔薇は咲いている

君だけのプライム・ローズ





この胸に咲く
薔薇を抱きしめて・・・



Rose is a rose
A prime rose only for you







2007/04/06 | 01:41
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

sweet jealousy

真夜中のいつもの部屋
いつもの時間に
この街を見下ろし
あなたの足音を待つ

哀しいほど煌く
街のイルミネーション
届かないものは
何もかも綺麗なように



抱き合う度、スレ違う心は
季節外れの冷たい雨のように
この身体をあなたのぬくもりごと
凍らせてしまいそう・・・


別れの言葉に、すがりつく涙を
流せるほど素直になれなかった

Please don't pass me love
もう振り向かないで
これ以上微笑みでいられないから



抱き合う度、揺れ動く心は
翳んで見えない蜃気楼のように
この時間をあなたの優しさごと
幻で消えそう・・・


別れの言葉に、悔しさの涙を
流せるほどあなたを憎めなかった

Please don't pass me love
もう立ち止まらないで
これ以上あなたを見つめてゆけない



あなたの優しさが
あなたのぬくもりが
あなたの匂いが
どこまでも、この心締め付ける・・・




二人の愛は
時計の針を逆に回した
虚飾の甘く切ない世界


刹那さは、最後のガラスの涙
零れ落ちて砕けていくだけ



Please don't pass me love




2007/04/05 | 00:32
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

サーガ(SAGA)

孤独な宇宙の中
太陽は生まれその風を受けて
僕らの星は生まれた


幾千億の光を超え
果てなく続くメビウスの時の中
僕は何度も君と出逢った


受け継がれる命の中
語り継がれる伝説の中
たったひとつの愛を探して
彷徨い続ける
約束の地を目指して



愛は幻想のカタルシス
出逢いと別れを繰り返す
終わらない物語




君に囁く言葉は過去からの伝言
時代は永遠の刹那の時間




この扉の鍵を開けるのは
君だけのイマジネーション
その瞳閉じた瞬間に
星は流れ、風向きは変わる






僕達はどこにむかっているのだろう
僕達はなんのため生まれてきたのだろう
それは、あの蒼い月の記憶



僕達は何を掴んだのだろう
僕達は何を伝えていけるのだろう
それは、あの紅い星座の記憶





この宇宙の彼方、駆け抜ける星達の想いは
君の心の奥へと繋がっていく




そしてまた、動き出す・・・



From The Past To The Future
One only truth





2007/04/04 | 00:14
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Blue Rose

時間を動かす事は
時を止める事

立ち止まる事は
動き出す事

愛を囁く事は
別れを告げる事

夢を叶える事は
夢を壊す事


あなたを見つめる事は
あなたをあきらめる事


愛はすべてを語り
愛はすべてを話さない



だけど、燃え尽きないキャンドルは
記憶を未来へと誘う





君に見えるもの
君に聞こえるもの
君が感じるもの

それらすべてが
明日への羅針盤


君が望むもの
君が忘れないもの
君が信じるもの

それらすべてが
この世界の奇跡





青い薔薇は今、君の目の前にある









2007/04/02 | 00:15
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

A love is a love

恋とは、僕から湧き出る君への想い
愛とは、君が僕から導き出した、かけがえのない感情

恋とは、デッサンに淡く色づけた水彩画
愛とは、キャンバスに力強く描かれた油絵

恋とは、君とふたりで、ひとつづつ掴んでいく事
愛とは、君だけが掴んだものも包みこんでいく事

恋とは、夢から覚める少し前の幻想
愛とは、眠りにつく前の静寂の現実

恋とは、君が見つめた星を探し出す事
愛とは、君と同じ星を見つめ続けていく事

恋とは、君を正面から微笑で見つめる事
愛とは、君をうしろから涙で抱きしめる事

恋とは、君と出会った、あの日の奇跡
愛とは、君と過ごした鮮やかな現実




あの日からはじまった
わすれていた記憶

やっと、君に出逢えたのだから



僕は君に出逢うためだけに
生まれてきたのだから






2007/04/01 | 00:06
ANOTHER WORDSコメント:0トラックバック:0

Copyright © 時の傍観者 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。